帆かけサバニレースinやんばる

2011.4.24 (綾風)

中止

東北太平洋沖地震の発生とその後の社会の混乱を鑑みて、主催者より早々の中止の発表がありました。震災で被害を受けられた全ての皆様に心からのお見舞いを申し上げます。


第12回サバニ帆漕レース

2011.9.4 (綾風)

SKIPPER:津輕良介・玉城東也
TRIMMER:岩永一喜・當眞 修
1〜2番:藤谷卓陽・城間吉貴・平田 修
3~4番:外間 聡・青木美澄
RESULT : 25th/28teams(5:13:16)

6月開催をターゲットにしていたメンバーのコンディションやモチベーションを如何に再度高めていくか、またいつもの様な参加人数が得られない問題をどう克服するか?そんな危惧も全て杞憂だったと思わせられる熱いレースでした。上位入賞はならなかったものの、前回のレコードを2時間近く短縮する事に成功、またこのレース初めてのトリマーも無事にうねりと波に打ち克ちました。途中、ウェザーヘルムに悩まされましたが、レース中に対処方法を確立する等、様々な意味で実り多き体験となりました。


第2回 南城市長杯帆掛サバニレース

2011.9.25 (綾風)

SKIPPER : 津輕良介 TRIMMER:當眞 修
1〜2番:藤谷卓陽・喜納正剛
3~4番:伊盛愛美・城間吉貴
5番:平田 修
RESULT : 13th/18teams (2:00:25)

初の奥武島周回コース。やや強めの風をあらゆる方向から受ける事になるため、フーの上げ下ろしやウェザーヘルム対策等、頭を使いながら大忙しのレースでしたが、副キャプテンお墨付きの漕ぎのパワーには驚かされました。些細な判断ミスが原因の痛恨の沈によって、順位を下げる事になってしまいましたが、レースを最大限楽しみました。また、初の女子大生クルーが大活躍したレースでもありした。


帆掛きサバニ走せー大会

2011.10.30 (綾風・LEGEND)

SKIPPER : 城間吉貴 TRIMMER:喜納正剛
1〜2番:大本・石川・多和田(新人)
3~4番:伊盛愛美・藤谷卓陽
RESULT : 6th/16teams (1:17:00)

初めての学生だけでの参加を果たした記念すべきレースの結果はこれまでの最高順位の6位。我が後輩たちに試練を与えんと、別のサバニで参加した社会人チームはあえなく沈でリタイアと、複雑な思いでレースを終えたメンバーも居た模様。ただ、2009年に結成したチームがここまで力を付けてきた事を見ると、もしかすると我々のアプローチがあながち大きくは間違っていないのかもしれないと考えさてくれる、楽しい最終レースでした。