帆かけサバニレースinやんばる

2012.4.22(綾風)

SKIPPER:玉城東也・平田修
TRIMMER:岩永一喜・當眞 修
1〜2番:藤谷卓陽・城間吉貴
3〜4番:松本 創・津輕良介
RESULT : 17th/18teams

何ヶ月にも及ぶ修理とチューニングの成果を測る、そして初めての弥帆を使ったレース。少なくとも舟の準備は万全に臨んだ大会でしたが、結果は17位の惨敗となりました。重量もセーリングプランもすっかり変わった綾風への順応の必要性を痛感させれたレースでした。


帆掛きサバニ走せー大会

2012.5.27(綾風・第三エミ丸)

SKIPPER:藤谷卓陽
TRIMMER:喜納正剛
1〜2番:上田琢朗・伊盛愛美
3〜4番:山口隼平・石津裕二・城間吉貴
RESULT : 4th/14teams(0:43:05)

昨年の当レースに引き続き、学生だけでチームを構成した綾風は、前回の結果を更に上回って堂々の4位(古式のみの場合は3位)を勝ち取りました。新二年生を3人も含むのも、これまでにない初めての経験でしたが、風上への上りレグが含まれた今回のコースではその若さが大きな力となりました。
別の舟を借りて出場した社会人チームは9位と、またしても学生チームに対して、甘い苦杯をなめる事になりました。


第13回サバニ帆漕レース

2012.7.1(綾風)

SKIPPER:津輕良介
1番:藤谷卓陽・伊盛愛美
2番:上田拓郎・山口隼平・城間吉貴
3番:津輕健介・平田 修
4番:喜納正剛・岩永一喜・當眞 修
RESULT : 24th/32teams(4:51:57)

初の大学2年生をメンバーに迎え、軽量化した船体で臨んだ座間味レース。昨年より21分の時間短縮を実現したものの、想定外の下位に低迷しました。
今回の結果を、これからのレースに如何に活かす事が出来るのか、チームの真価が問われる事となりました。
一方では、手縄と舵を一人でこなす事、そして長時間の漕ぎに耐える事が出来るメンバーが増える等、明るい材料も見えてきました。


第3回 南城市長杯 帆掛サバニレース

2012.9.23(南風)

SKIPPER:津輕良介
1番:藤谷卓陽
2番:仲野勝博
3番:伊盛愛美
RESULT : 9th/16teams(1:40:42)

チーム綾風の二号艇「南風(はいかじ)」のデビュー戦は、多くのメンバーの都合が付かず、初めて助っ人をお願いする事になりました。
前日の練習では、昨年度レースの上位チームのタイムを上廻る程のポテンシャルを見せてくれましたが、当日になって落ちてしまった風がまたしても上位入賞をさせてはくれませんでした。
どの様な海況であっても、チームとしてのパフォーマンスを発揮させる事の出来る準備の必要性を痛感させられるレースとなりました。